rental

レンタル用の袴や振袖の汚れについて

着物

レンタル用の袴や振袖を使用したりしていると、やはりある一定期間の間、多くの借主である方により使用がなされてきたりしたというせいなどもあり、生地が老朽化をして汚れや損傷などの度合いが直接見て確認が出来たりする事が可能な場合とかも少なくはありません。そうした事などもあり、やはりそれらの度合いなども無闇に無視できないような場合がその衣類本体の部位によってはあったりしますので、注意が必要かもしれません。
この記事では、それらの度合いのうち、汚れの度合いの現状について触れてみます。というのも、この袴や振袖での汚れ自体は着物類と同じ生地をこれらが使用をしたりしている点からも、通常の衣類とは異なる汚れのあり方などがあったりしますので、これについて触れてみる必要があるからです。
袴や振袖は基本的に着物類と同じ生地で作られた和服類の一種にあたりますので、外的要因による汚れ以外でも、生地そのものが色あせてくる、いわゆる「シミ」による汚れが一番特徴的であるといえます。これなどは通常の汚れなどとは異なり、生地自体が傷んできている証しでもありますので、この点について認識をしたうえで、レンタル業者の担当者や責任者などの方に相談をしたりする必要性があります。

Topics

TOP